NEWS
Web Craft Notes

【著作権侵害】自分が作成した作品が他人に使われた場合

罰則

著作権侵害の場合以下のような罰則が課される場合がありますが、具体的な罰則は法律や地域の著作権法によって異なる場合があります。著作権侵害の程度や状況によっても罰則は変わる可能性がありますので、専門家の助言を受けることが重要です。

民事罰

著作権所有者は、著作権侵害行為に対して民事訴訟を起こすことができます。民事罰としては、侵害行為の差し止め、損害賠償の請求、利益供与の返還などがあります。具体的な損害賠償額は、侵害の程度や損害の具体的な評価に基づいて判断されます。

刑事罰

一部の著作権侵害行為は刑事罰の対象となる場合があります。刑事罰としては、懲役や罰金が科されることがあります。具体的な刑罰の範囲や刑の量は、著作権法に基づいて判断されます。


訴えた場合和解金の相場は?

著作権侵害の訴訟における和解金の相場は、具体的なケースや地域や関係する法律によって異なります。
和解金の金額は、侵害の程度や影響、被害者の損失、侵害者の行為の意図や悪意など多くの要素に基づいて判断されます。

重要なことは、著作権侵害による被害を正当に評価し適切な和解金を求めることです。そのためには専門家の助言を受けながら進めることが重要です。

実質な損害はないが勝手に作品を使用された場合の和解金、裁判したときに請求できる金額は?

実質的な損害がない場合、著作権侵害に対して訴訟を起こすことは一般的には難しいです。著作権法においては損害が発生していない場合、訴訟の対象となる損害賠償金や和解金の請求は難しいとされています。

相手側が勝手に使用した作品によって注目や収入が生じた場合、著作権者であるあなたにとっては損害が発生している可能性があります。ただし、著作権侵害による損害の具体的な評価はケースバイケースであり、法的な解釈や訴訟の判断には専門家の助言が必要です。


手続き

著作権違反による場合の手続きは以下のような一般的な手順になりますが、具体的な法的アドバイスを得るためには、著作権弁護士や法律専門家に相談することが重要です。

  1. 違反の確認:
    まず、自分の著作物が無断で使用されたかを確認します。使用されたコンテンツや違反が行われた場所などを明確に把握します。
  2. 証拠の収集:
    違反の証拠を集めます。例えば、無断使用されたコンテンツやスクリーンショットなどを保存し、時間や日付、使用された場所などの情報も記録しておきます。
  3. 相手への連絡:
    違反を行った相手に対して、違反行為の停止を要求する連絡を行います。連絡手段は、電子メールや書面で行うことが一般的です。適切な法的言葉を用いて、具体的な違反内容と停止を要求することが重要です。
  4. 和解交渉:
    相手からの応答や反応によっては、和解交渉を行うこともあります。和解金の金額や使用停止の条件などを交渉し、双方が納得できる合意を目指します。
  5. 法的手段の検討:
    相手が違反行為を止めず、和解に応じない場合は、法的手段を検討することがあります。著作権弁護士や法律専門家に相談し、訴訟を起こすかどうかを判断します。
  6. 訴訟の準備と提起:
    必要な場合、著作権侵害の訴訟を起こすための準備を行います。訴訟手続きに関する法的な手続きや証拠の整理を行い、著作権侵害の主張を裁判所に提起します。
  7. 裁判の進行:
    裁判所での審理が行われます。証拠の提示や法的論点の議論が行われ、最終的に判決が下されます。

ContactWEB制作のお見積り・お問合せ

お見積りやご不明な点、ご質問等などお気軽にお尋ねください。

[立込み中につき応相談]
案件内容によって受注可能になりますので一度お問合せくださいませ。

タイトルとURLをコピーしました