NEWS
Web Craft Notes

インボイスが招くフリーランスWEBデザイナーのリスクと対策~注意すべきポイントを解説

今更ですがChatGPTに答えてもらいました。

インボイスのデメリット

インボイス制度は、フリーランスWEBデザイナーにとってデメリットとなる場合があります。
まず、インボイス制度は、クライアントから支払われる報酬の一定の割合を源泉徴収税として天引きする制度です。そのため、フリーランスWEBデザイナーは、自分で納税を行う必要があります。これは、収入と支出の計算や税金の申告書類の作成など、煩雑な手続きが必要となるため、手間や時間がかかることがあります。

  1. 源泉徴収税が高い場合がある

インボイス制度では、クライアントから受け取った報酬の一定割合が源泉徴収税として天引きされます。源泉徴収税率は、受け取る報酬の金額や所得税の基礎控除額によって異なります。一般的に、源泉徴収税率は高いため、受け取る報酬額が少ない場合、実際に手元に残る額は少なくなります。

  1. 支払いが遅れた場合でも納税が必要

インボイス制度では、源泉徴収税が報酬から天引きされるため、クライアントから報酬が支払われなかった場合でも、所得が発生するため、納税が必要になります。クライアントが支払いを遅らせた場合でも、フリーランスWEBデザイナーは納税しなければなりません。

  1. 手続きが煩雑になる

インボイス制度を利用するためには、源泉徴収票の受領や確定申告書の作成など、手続きが必要です。また、クライアントに対して請求書を発行する必要があります。これらの手続きには、時間や手間がかかることがあります。

  1. クライアントがインボイス制度を利用していない場合、手数料が発生する

インボイス制度は、クライアントが利用している場合にのみ適用されます。クライアントがインボイス制度を利用していない場合、フリーランスWEBデザイナーが手数料を支払わなければならないことがあります。この場合、手数料は報酬に対して一定の割合で発生するため、受け取る報酬が減ることになります。

インボイスのメリット

一方で、インボイス制度にはメリットもあります。
クライアントから受け取る報酬の源泉徴収税が天引きされるため、フリーランスのWEBデザイナーは源泉徴収票を受け取り、確定申告の際に所得金額に加えて申告することになります。つまり、確定申告の手続き自体は必要ですが、源泉徴収税を計算したり、納付したりする手間を省くことができます。

以上のように、インボイス制度にはフリーランスWEBデザイナーにとってデメリットがある一方で、メリットもあります。フリーランスWEBデザイナーが適切に契約管理や納税手続きを行うことで、デメリットを最小限に抑えつつ、インボイス制度を有効に活用することができます。

・・・あまりメリットが無いですね!

ContactWEB制作のお見積り・お問合せ

お見積りやご不明な点、ご質問等などお気軽にお尋ねください。

[立込み中につき応相談]
案件内容によって受注可能になりますので一度お問合せくださいませ。

タイトルとURLをコピーしました