NEWS
Web Craft Notes

【ChatGPT】キャッチコピーの秘訣をAIに聞いた!人工知能が明かす効果的な表現の工夫

キャッチフレーズ・キャッチコピーはWEBサイトのトップページのファーストビューに表示されることが多い重要な要素の一つです。
ファーストビューは訪問者の興味を引き付け、サイトのコンセプトや魅力を伝えるための非常に重要な領域であり、キャッチフレーズ・キャッチコピーはその役割を果たすことが期待されます。

以下にWEBサイトのトップページに掲載するキャッチフレーズ・キャッチコピーの例とその考え方を解説します。


01.シンプルな言葉で伝える

キャッチフレーズ・キャッチコピーはシンプルで覚えやすい言葉であることが望まれます。
訪問者が覚えやすく、印象に残りやすいように具体的で簡潔な言葉を選ぶことが重要です。

例:「世界中のおいしさを、あなたの手元に。
このキャッチフレーズは、簡潔でわかりやすく自分自身で料理を作りたいと思っている人にアピールするものです。
世界中の料理のレシピを提供するサイトなどで使用されるキャッチフレーズとして考えられます。


02.ターゲット層に合わせた言葉を選ぶ

キャッチフレーズ・キャッチコピーはサイトのターゲット層に合わせた言葉を選ぶことが重要です。
ターゲット層がどのような人たちであるかを考え、その人たちが興味を持ちそうな言葉やその人たちの悩みを解決する言葉を選びます。

例:「ずっと使ってみたかった、あのブランドが手軽に買える。
このキャッチフレーズはファッションに関心がある人たちをターゲットにしたもので、難易度の高いブランドが手軽に手に入ることをアピールしています。
ファッション関連のECサイトで使用されるキャッチフレーズとして考えられます。


03.ユニークな視点でアピールする

キャッチフレーズはサイトの印象を大きく左右するため、適切に作成することが非常に重要です。


04.キャッチフレーズ・キャッチコピーの作成方法

以下に、WEBサイトで使用するキャッチフレーズ・キャッチコピーの作成方法について詳しく解説します。

ターゲットを明確にする

キャッチフレーズはサイトの訴求力を高めるためにターゲットに合わせて作成する必要があります。
そのため、どのような人に向けてサイトを作成しているのか、どのような価値を提供するのかを明確にすることが重要です。
例えば、健康食品のサイトであれば「美しく健康な体を手に入れましょう」というキャッチフレーズが効果的です。

ユニークさを出す

競合するサイトが多い場合、他と差別化するためにユニークなキャッチフレーズを作成する必要があります。
どのような点で他と違うのか、どのような特徴を持っているのかを明確にしそれをキャッチフレーズに落とし込むことが重要です。

簡潔にまとめる

キャッチフレーズは短く簡潔にまとめることが求められます。
ファーストビューで一瞬で印象を与えるためキャッチフレーズは10語程度に収めることを目指しましょう。
例えば、電子書籍サイト「BOOK☆WALKER」のキャッチフレーズ「いつでも、どこでも、本が読める。」はわかりやすく簡潔な言葉で構成されています。

アピールポイントを強調する

キャッチフレーズはサイトのアピールポイントを強調するためにも利用されます。
サイトの特徴や強みを明確にしそれをキャッチフレーズに落とし込みましょう。
例えば、オンライン英会話サイトの「レアジョブ英会話」は「外国人講師とマンツーマン英会話ができる」という強みをキャッチフレーズにしています。

長くなりすぎないように気をつける

キャッチフレーズやキャッチコピーは短くて簡潔なものが魅力的です。
読み手がすぐに理解できるよう長くても20文字程度にまとめるようにしましょう。
また、キャッチコピーには主張やアピールポイントを込めることが多いため、長くなりすぎると印象に残りにくくなってしまいます。

目的に合わせたキャッチフレーズを考える

キャッチフレーズやキャッチコピーはWEBサイトの目的に合わせて考えることが大切です。
例えば、商品の魅力をアピールしたい場合には、「こんなに美味しいのに、この価格で買える!」といったように価格と美味しさをアピールするキャッチフレーズが効果的です。
一方、サービスを紹介する場合には、「こんなに簡単にできる!」「あなたの時間を大切にしたい」といったように利便性や快適さをアピールするキャッチフレーズが効果的です。

記憶に残る言葉

キャッチフレーズ・キャッチコピーにおいて、記憶に残る言葉を選ぶことも重要です。


以上、キャッチフレーズ・キャッチコピーの考え方について紹介しました。
特徴や魅力をうまく伝え、読み手の興味を引きつけるキャッチフレーズ・キャッチコピーを考えてWEBサイトの魅力を高めましょう。

※ChatGPT調べ

ContactWEB制作のお見積り・お問合せ

お見積りやご不明な点、ご質問等などお気軽にお尋ねください。

[立込み中につき応相談]
案件内容によって受注可能になりますので一度お問合せくださいませ。

タイトルとURLをコピーしました