2020年に流行すると予測される注目のWEBデザイントレンド(箇条書き)

メモ代わりに2020年の流行になると各ブログで予測されているWEBデザインについて箇条書きでまとめました。

ダークモード

目の疲れを軽減することで視覚的に配慮
ブランドイメージが大きく変わることもあるので、実際取り入れるのは難しい?

アイソメトリックデザイン

対象物を斜め上の視点から描くデザイン手法
サイトの世界観を出しつつ親しみをもってもらえるWebデザイン

3Dを取り入れたデザイン

アイソメトリックとは少し違いインタラクティブな3Dデザインにて設計

ソフトシャドウ+フローティング

画面に奥行きをもたせたデザインテクニック

グラフィックと写真の組み合せ

写真の上にオリジナルのグラフィック(図形・文字デザイン)を重ねるデザイン

余白スペースを利用したデザイン

巨大なタイポグラフィ

重要な情報を明確に伝えることができるだけでなく、テキスト自体がデザインの中でアクセント

スキューモーフィズム

ユーザーの馴染みあるものに近づけ直感的にわかりやすいデザイン

手描き風デザイン(手書き文字、イラスト)

サイトの中で重要な箇所に手書きのテキストで説明が書かれていて、ユーザーの注意をしっかりと集められる

鮮やかな配色・グラデーション

色使いでインパクトを与え、目に止めてもらうデザイン

流体シェイプ

定番スタイルになりつつある。メインビジュアルや背景の一部として使用される

あえて崩したデザイン(ノングリッドデザイン、ブロークングリッドデザイン)

あえてデザインの一部分を崩すことにより、その違和感がアクセントとなってデザインに変化が生まれ、オリジナリティ溢れるデザイン

スクロールに合わせて展開していくデザイン

最近はダイナミックな変化が付けられているサイトの数が増えています


WebDesign

Posted by webkblog